ジャパントラベルバイクでサイクリングをしましょう

登録

ジャパントラベルバイクは、5,000台を超える電動アシスト自転車で、速く、使いやすく、便利に日本の都市を巡るサービスを提供します。

乗る

バイクに乗って新鮮な空気を感じながら、“東京の魅力”を発見しにいきましょうー路地などにも足を延ばし、隠された魅力や混雑する電車からは見る事の出来ないリアルな東京を見つけることができます。

返却

市内のバイクポートどこでもバイクを返却できます。素早く、手間がかからないだけでなく、ポートが満杯の時でも利用できます!WiFi機能搭載付きのバイクは、一定の範囲内であれば一瞬で返却を可能にしてくれます。

安全項目

  • 1. 道路で乗ろう; 歩道はできる限り避けましょう
  • 2. 道路の左側で乗ろう(車の流れに向かって走ってはいけません)
  • 3. 歩道では歩行者が優先されます。 自転車で通行する場合は車道寄りを徐行しましょう.
  • 4. 交通ルールに従おう
    • 飲酒運転はやめましょう
    • 二人乗りはやめましょう
    • 平行して走らないようにしましょう(隣り合わせの走行)
    • 夜間は自転車のライトを付けましょう
    • 交通信号は守りましょう。交通信号で停止しましょう。左右の確認を必ず行いましょう
  • 5. お子様は必ずヘルメットを着用しましょう

よくある質問

はじめに

  • 私たちの サイクルポートマップ で近場のサイクルポートが確認できます。
  • 携帯の位置情報サービスを有効にし、Japan Travel.bikeにアクセス権限を与えたかどうか確認してください。
  • 自転車のロックを解除する前に、電動アシストの充電が十分残っている(30%以上)事を確かめてから自転車を選びましょう。30%の充電があると、5-10kmは走れます。
  • 充電が十分残っている自転車が見つからない場合は、他の 自転車ポート を探して再度試してください。
  • あるいは、残っている自転車に乗り、近くの サイクルポート で他の自転車と交換してください。 詳細は を確認してください。充電されたばかりの自転車と交換する方法が記載されています。
  • この電動バイクのバッテリーは24時間持続しません。バッテリーが完全になくなる前に、最寄りのポートに戻ってください。
  • 自転車後方のコントロールパネルの"Start"ボタンを押します
  • 取得した4文字のパスコード番号を入力して下さい。
  • すると、自転車は使用が開始できるように開錠します。
  • サイクルポートに自転車を返却したら、後ろについている手動のロックをおろし、"Enter"と書いてあるボタンをタッチします。
  • 正常に返却されたことを確かめるために、コントロールパネルに"返却"と表示されていることを確認してください。
  • 携帯のパス画面で、"自転車の返却"を押すと自転車が正常に返却されたか確認ができます。
  • *重要: サイクルポートの外に自転車を停めると、正常に返却ができませんー自転車は停まったまま、翌日からの料金が発生します。

  • 1回の取引につき最大10回分のパスを購入することができ、自転車に空きがあれば家族やグループと一緒に乗車できます。
  • 10回分を超えるパスが必要な場合は、'パスを購入する'ページにアクセスして再度購入してください。
  • たくさんある自転車のどれもが利用不可である場合には、主に2つの理由が考えられます。
    1. すでに他のユーザーによってレンタルされており、市の自転車駐車規制に従うためにポートに駐輪されている場合。
    2. 私たちの自転車は日本最大の通信会社のドコモから供給されており、 そちらのシステムを通じて、他のユーザーが自転車の事前予約申し込みをされている場合。(ピックアップする20分前から事前予約可能)
  • したがって、利用可能な自転車が見つからない場合は、次の3つの選択肢があります:
    1. 私たちの自転車事前予約サービスをご利用いただく。
    2. 15〜20分お待ちいただいて、利用可能になる自転車がないか再度ご確認いただく。
    3. 近くの別の(より人の少ない)サイクルポートをお探しいただく。

路上で

  • 充電が切れてしまった場合、自転車のコントロールパネルが使用できなくなる可能性があります。
  • ただし、電源ボタンをオフにしたままでも手動で自転車をこぐことができます。近場のサイクルポートで、充電された自転車と交換してください。
  • HOWEVER, WHATEVER YOU DO, DO NOT LOCK YOUR BIKE WHEN THE BATTERY IS FLAT. Doing so will mean the bike cannot be unlocked again, which will make returning the bike to a port difficult to do.
  • 機械的な不具合がある場合、チャット機能でお問合せ頂くか、直接ドコモバイクシェアの0120-116-819(英語対応)に電話をして返却してください(サイクルポート以外の場所でも停めれます)。
  • 止まったら、手動でバイクをロックしてください。
  • 返却ボタンを押さないでください。 自転車が返却され、他のユーザーがその自転車を予約して乗車可能になってしまいます。
  • 再度使用する場合は、初めに取得したパスコードをそのまま使用してください。
  • 何らかの理由で自転車の交換がしたい場合、どのサイクルポートでも交換ができます。
  • 自転車で他のサイクルポートに移動し、ポート内に自転車を停めてください(自転車は物理的にドッキングする必要はありません) 。自転車をロックし、"Enter"を押した後JapanTravel.Bikeのアプリで新しい自転車をリクエストしてください*。
    1. スライドホイールロックで自転車をロックします。
    2. "Enter"キーを押して自転車を返却してください。
    3. '自転車の返却 'メニューで自転車の状態が「返却済み」となっていることを確認してください。
    4. JapanTravel.Bikeアプリを使用して新しい自転車をリクエストしてください*。
    5. *1日パスでは、使用中の自転車を正常に返却した後にのみ、新しい自転車のロックを解除することができます。

    6. *自転車パス1つにつき同時に自転車1台しかご利用になれませんが、1日を通して自転車を無制限に切り替えることが可能です。

  • 私たちの サイクルポートマップ で近場のサイクルポートが確認できます。
  • 携帯の位置情報サービスを有効にし、Japan Travel.bikeにアクセス権限を与えたかどうか確認してください。
  • 故障などの問題がある場合は、チャット機能を使用して弊社へご連絡いただくか、現状のまま自転車を「返却状態」にするよう(登録されたサイクルポートに駐車する必要はありません)、自転車貸出元のDBS社 0120-116-819(英語対応)に直接お電話ください。自転車が返却されると、パスを別の自転車に転送することができます。
  • www.japantravel.bikeを素早く簡単に登録できるものにするために、私たちは連絡先としてお客様のメールアドレスしかお預かりしていません。 つまり、自転車の返却に問題がある場合やその他の問題が発生した場合、私たちがお客様に連絡できる唯一の方法は電子メールとなります。 したがってレンタル中、特に夜遅くに返却する場合は、メールを定期的にチェックすることがお客様の責任となります。 またお客様はwww.japantravel.bikeにあるサポートメニューから、電子メールまたはチャットで私たちと連絡を取ることができます。

借りる方法 / パス管理

  • サイクルポートに自転車を返却したら、後ろについている手動のロックをおろし、"Enter"と書いてあるボタンをタッチします。
  • 正常に返却されたことを確かめるために、コントロールパネルに"返却"と表示されていることを確認してください。
  • 携帯のパス画面で、"自転車の返却"を押すと自転車が正常に返却されたか確認ができます。
  • *重要: サイクルポートの外に自転車を停めると、正常に返却ができませんー自転車は停まったまま、翌日からの料金が発生します。

  • 自転車を正常に返却するためには、必ず 登録されているサイクルポートに停めてください。 違う場所に停めてしまうと、翌日から数日間の料金が発生します。
  • バイクの後方にあるロックが施錠できたか確認してください。上手くいかない場合は後ろのタイヤを多少調整する必要があるかもしれません。
  • 5秒待って再度試してください。
  • それでもバイクを返却出来なかったら、駐輪ポート内にしっかり収まっているかを確認してください。(十分に近い位置に駐輪できていない場合、返却出来ない可能性があります) お問合せください。
  • もし自転車のコントロールパネルが何らかのエラーコードを表示している場合は、直接こちらにご連絡ください
  • または、サプライヤーのコンタクトセンター(24/7)にご連絡ください。 - Docomo Bikeshareカスタマーサポートセンター - 0120-116-820
  • 1日券は 当日 (23:59)に期限が切れますが、これは自転車が返却されたという事ではありません。 自転車が正常に返却されていない場合、23:59を過ぎても自転車が使用されているとみなされてしまうので、翌日の追加料金が発生します。
  • '自転車の返却 'メニューオプションを使用して、返却した自転車の状態を必ず確認してください。
  • 翌日も同じ自転車を使用したい場合、自動更新を行う事ができます。

    23:59に使われている自転車がある場合(返却がされていない自転車)、パスは自動的に更新され、追加で24時間自転車を使う事ができます。もちろん、自転車の交換も行えます。
  • 自動更新を防ぐためには、自転車がしっかりと返却された事を確認し ()を確認してください。

ペナルティー

  • 1日パスの満了時刻までに自転車を返却されない場合、少なくともレンタル料金の1日分が追加で請求されます。
  • 期限までに自転車をご返却されず、翌日にメールで連絡が取れない場合には、翌日以降のレンタル料金が請求される場合があります。
  • 自転車がポートに置かれた場合でも、適切にロック/返却されなかったために盗難にあった場合、自転車の捜索/返却手数料として20,000円と輸送費が加算されることがあります。
  • 過失行為(自転車を適切にロック/返却しないなど)または故意の不正行為のために自転車が盗まれたり破損した場合は、自転車の修理費用や交換費用の責任を負うことがあります。
  • 違法な場所に駐輪して撤去されますと、10,000円の罰金が請求されます。 宿泊先のホテルや他の場所で自転車を駐輪する際には、合法的な駐輪場であることを確認してください。
  • その他の契約条件については、こちらのレンタル契約を参照してください。

サービス請求と払い戻し

  • 支払い完了後、サポートチームとのやり取りの後も自転車が正常に機能しない場合
    1. 最初に訪れたサイクルポートの1km以内に利用可能な自転車がない
    2. Japantravel.bikeのシステムが正常に機能しない
    3. 地震または同様の自然災害
  • 誤って自転車パスを過剰注文され、過剰注文されたパスを使用した場合
  • 予定の変更やその他の個人的事情
  • 交通渋滞、不具合以外の自転車の機能、または自転車の空き状況(および同様の状況)によってご満足いただけなかった場合
  • 病気、事故など(これらはご自身の加入されている保険でご対応ください)
  • 何か問題が発生した際、私たちのチームへのサポート要請が20:00以降となり、0:00に翌日分がクレジットカードに請求される前に、応対に必要な十分な時間が与えられていない場合(毎日20:00以降、 チャットの場合は1時間、メールの場合は3時間、返信までにお時間をいただきます)
  • Japan Travel KKまたはその代理店は、状況にかかわらず、お客様の意図しない誤使用、過失、悪意のある行為、警察や他の地方自治体の措置、市民の騒乱、不可抗力、またはサービスや設備の適切な使用方法に関する知識の欠如等(前記事項に限定されるものではありません)に起因する、お客様自身または第三者に起こった傷害、損害、紛失、死亡事故に関して一切の責任を負いません。

今日から乗ってみよう

バイクは見つかりましたか?たった30秒で始められます

今すぐ参加しよう